FC2ブログ

最新記事


カテゴリ


プロフィール

万丸

Author:万丸
とりやねこやいぬやむしでも
きのあうやつはつれていくよ


御蔵島での観察鳥類数150
を目指す、記録ブログです。
ときどき、みくらしま以外で
撮った写真も掲載します。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島・加計呂麻島

2018/12/27より2019/01/06まで

奄美大島と加計呂麻島でのんびりしてきました。
特に予定を決めず、ぷーらぷら、クジラ探しにお誘いいただいて船に乗ったり、打ち上がったクジラ解体したり、
クジラ探して見つからなかったけどミナミハンドウ見つけたり。
あれ?仕事と同じようなことしてますなあ。

2度目の奄美、鳥が濃い!ことは前回わかっておりましたのでカメラとレンズを持っていくことにしました。
まずは、野生生物保護センターにご挨拶。
鳥の巣展示も素敵です、こういったところは参考にしないといけません。。。
展示1

ルリカケスの全身骨格標本と巣。なるほど、骨と巣の組み合わせも面白いですね。
展示2

さて、今回見ることができて、辛くも撮ることができた鳥です。
ルリカケス
ルリカケス
かなり寒かったのでじっと粘ることができません。散歩中の林道にて。

ズアカアオバト
ズアカアオバト
ルリカケスをみた同じ場所で。早朝曇天の中、苦労しました。

リュウキュウハシブトガラス
リュウキュウハシブトガラス
カラスもリュウキュウがつきます。少し小さいような気がしますが差は、、、わかりません。

コサギ
コサギ
同じ場所にカワセミもおりましたが、遠くて小さいので撮れませんでした。

リュウキュウアオバズク
リュウキュウアオバズク
夜の林道で暗闇からふわっと車を抜かしてきた。来たっコノハズク・・・?と思ったらでかかった(長かった)です。

アマミヤマシギ
アマミヤマシギ
林道をそろそろ走っているとたくさん見ることができました。

リュウキュウコノハズク
リュウキュウコノハズク
コホッコホッというオーソドックスな鳴き方以外に、様々なバリエーションが聞こえました。

サシバ
サシバ
運転中、電線にとまるのをたくさん見ました。安全に止まれるところまで行ってそっと駐車、カメラを窓から出すとファサッと飛ぶを繰り返しました。

アマミ?ヒヨドリ
ヒヨドリ(アマミヒヨドリ?)
冬は両方見られるとのこと。渡りと思われるヒヨドリの群れもみたので、ヒヨドリかもしれません。

アマミシジュウカラ
アマミシジュウカラ
周りにはリュウキュウメジロもたくさんいました。

ノスリ
ノスリ・・・かと。
湯湾岳の駐車場から、高いところでホバリングしていたのを撮影しました。

ミサゴ
ミサゴ
本当に格好の良い鳥ですね。
残念ながらダイブするところは見られず。

ハクセキレイ
ハクセキレイ
お世話になったお宿の庭で、ライトの上がお気に入りのようでした。

チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
上のハクセキレイがチチチっと警戒音を出して藪に逃げ込むと、チョウゲンボウが上をかすめていきました。
そのまま100mほど離れた所の松の木にしばらく止まっていました。

イソヒヨメス
イソヒヨドリ♀

アカヒゲ
アカヒゲ
最初の方にルリカケスを見に行った散歩中に見たのが人生初アカヒゲ。
その時は撮れませんでしたが、加計呂麻島で撮れました。残念ながら、さえずりは聞かず。
そろそろさえずる季節とのことでした。御蔵にも来られたアカヒゲ研究者Sさんを思い出しました。
やっと見れました!

2度目の奄美は、やっぱり鳥の多い島と実感。
特に鳥撮りではなかったのですが、たくさんの野鳥を見ることができました。
お魚釣りも良さそうで、「カ」のつくアイツが9種もいなければ、住みたいくらいです。
スポンサーサイト

ミサゴ

2018/03/22

職場で電話中、なにげなく窓から外を見るとミサゴ!オスプレイ!!
見まがうこと無くミサゴが飛んでいました。

見る時はいつもカメラが無く、悔しい思いをしていたのですが
ちょうど横に600mmレンズをつけたニコンが。

窓越し撮影なので、画質もよくありませんが、何はともあれブログ初掲載です。

ミサゴ1
600mm F18 1/640

冬〜春にかけてよく見ますが、夏にはあまり見無い気がします。
気のせいかも知れません。
先日、見た時はお魚を掴んでいたので、そのうち狙います。

ウソ

2018/01/14

13日の午後、電波塔の近くでウソの群れを発見。
カメラを持っていなかったので、翌日行ってみました。
川田橋を超えて、登りきったあたりで発見。車を止めて降りてみると、ウソ特有の口笛みたいな鳴き声が聞こえました。
ふぃーふぃー

ガクアジサイの種をついばんでいました。
IMG_0116.jpg
300mm F10 1/125

ピン甘々ですが、メスも。
IMG_0127.jpg
300mm F10 1/125

何年か前、里中でもウソがたくさん見られた冬がありましたが、
最近はあまり見ません。
やっと写真に収めることができたので、初めての投稿です。

ハシボソガラス

2017/12/18

昨日、鉄砲場のカーブのところでハシブトに混じって明らかにクチバシの細い個体を見つけました。
ボソかなぁ?ミヤマかなぁ?と悩みましたが、今日見たら一緒にいるブトとほとんど大きさが一緒。
クチバシも白っぽくなく、クロツヤだったのでボソと思います。

今日は、丸一の前で見かけて、カメラを取りに帰ってから村内捜索。ふれあい広場で見付けました。
もしかしたら、複数頭いるのかもしれません。

IMG_0043_2017121816274332c.jpg
300mm F7.1 1/500

IMG_0023.jpg
300mm F7.1 1/250

コホオアカ

2017/10/06 夕方

ツメナガセキレイを探しに行くと
校庭でスズメに混じって、いまいち混じりきれていない鳥がいました。

近くにいるのだけれど、微妙に離れたところで。
コホオアカ1
600mm F5.6 1/2000 トリミング

スズメが飛ぶとちょっと周りを気にするけど、あまり飛びません。
コホオアカ3
600mm F13 1/250 トリミング

冠羽も立てているのが、観察できて良かったです。
コホオアカ2
600mm F13 1/250 トリミング

日本海側の島では、観察されることが多いようですが太平洋側はあまり多くない、とのこと。
実際、どうなんでしょう?

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。